糖質制限に危険性は無いの?ライザップダイエットの安全性

糖質制限は危険

短期間の糖質制限とトレーニングで結果を出すライザップのダイエット。

実践する前に最も気になる事は、危険性はないのか?という事。

確かに、強烈なインパクトを与えるRIZAPのテレビCMなどを見ると、「ありえない・・何か裏があるんだよ」と勘繰ってしまうのも分かります。

藤子不二雄Aさんの漫画で「笑うセールスマン」ってありますけどRIZAPに踏み込めない理由として、分からない事が怖いというのはあります。

「糖質を食べちゃ駄目って言いましたよね!?」

ドーン

「ドーーン!!」

があるんじゃないか?みたいに感じていました。

美味しい話には裏がある!

ライザップのダイエットは、裏を隠した怪しいダイエットなのか?

今回は、自宅で本格的なRIZAP式ダイエットに挑戦できる通販セット!ライザップスタイルを実践する危険性について。

糖質制限ダイエットで言われる悪い評判

肉ばかり食べる

  • 筋肉が痩せる
  • 便秘になる
  • 血液がドロドロになる
  • 体臭がキツくなる
  • 骨粗鬆症
  • 力が出なくなる・イライラする
  • 結局リバウンドする

糖質制限ダイエットをしようと思ったけど、安全性を調べてみたら「色々と悪い事が書いてある記事が沢山出てきた」そうなると、何が正しいのか分からなくなります。

「ああ、糖質制限ダイエットは危険なんだ・・」

女性イメージ

「都合よく痩せる方法なんてないのね・・」

そう感じる人も多いようです。

しかし、これって本当に糖質を抑えた事だけが原因なのでしょうか?

私がライザップを始める前に、危険性は無いのか?

ライザップを信頼しても良いのか?

まず調べました。

すると、危険だと言う意見・安全だと言う意見、どちらも出てくるのです。(見事に糖質制限肯定派と否定派にわかれています)

しかし!ハッキリと言える事は、このまま太っている状態を続けている事の方がよっぽど危険だと言う事です。

カロリー制限のダイエットであっても、やり方によっては危険なんていくらでもあります。

体質や相性の問題もあるだろうし、結局は自分で実践してみない事には何も分かりません!

ライザップスタイルを4ヵ月実践した分かった危険性

ライザップ体験レビュー

当サイトでは、ライザップスタイル3ヵ月コースを購入し、実際に121日間のダイエットに挑戦した記録を毎日投稿してきました。

実際に経験を積む事で見えてきた糖質制限の危険性について、考えていきたいと思います。

糖質制限を行うと筋肉が痩せる?

糖質制限に限らず、ダイエットをしたり、タンパク質を摂らない食事をすれば筋肉は痩せます

ダイエット中は、摂取エネルギー>消費エネルギーの状態を作って体重を減らそうとしますよね。

人の体は糖質からのエネルギーが不足すると肝臓がタンパク質を分解してブドウ糖を作ります。

この、筋肉を分解してエネルギー不足を解消する回路を糖新生と呼びますが、これは糖質制限に限った話ではありません。

カロリー制限ダイエットでも糖新生はおこりますし、ダイエットをしていない状態(空腹の時間が長い寝ている間など)でも日常的に起こっている事です。

確かに糖質制限のダイエットをして、タンパク質を摂らず、運動もしなければ筋肉は痩せるでしょう。

しかし、これだけで糖質制限=筋肉が痩せるというのはカナリ乱暴な理屈だと言えます。

ライザップのダイエットでは、1日3食タンパク質・脂質・野菜をバランスよく食べて運動もするので、筋肉量を落とさず脂肪だけを減らすダイエットと言えます。

 

糖質制限をすると便秘になる?

私もなりました・・

私自信も、ライザップスタイルのダイエットを開始した当初は、便秘ぎみになりました。

しかし、便秘が解消されるような食事の量・食物繊維を積極的に摂る事を心がける事で改善しました。

糖質制限=便秘

これもまた、糖質制限のダイエットに限った話ではありません。

カロリー制限ダイエットであっても、食事の量が減れば便秘になります。

逆に、糖質制限ダイエットの方が糖質以外の制限は軽い訳ですから、食物繊維や脂質・タンパク質を積極的に摂る事で便秘を抑え易いダイエット法だと言えます。

 

血液がドロドロになる?

飽和脂肪酸を摂り過ぎるとドロドロになる可能性も

糖質制限ダイエットを、糖質を摂らなければ何でも好きなだけ食べられる🤣。

なんて勘違いして、脂っこいお肉を中心に関係なく食べればそりゃドロドロにもなります・・

でも、それってダイエットをしていなくても同じことですよね。

食事に気を付けなければ、不健康になるのはあたりまえです!

私の場合、ライザップスタイル実施前(2016年)と実施後(2017年)の健康診断の結果を見ると・・

2017年の健康診断結果が出ました!
ライザップスタイル 中性脂肪 善玉コレステロール 悪玉コレステロール
ライザップ以前 142 46 130
ライザップ以降 67 65 109

血中の中性脂肪の数値は半分以下に、そして善玉コレステロールが増えて、悪玉コレステロールは減少しています。

糖質制限ダイエットの実施後の方が血液はサラサラになってるのです!

糖質制限=血液がドロドロは無関係

間違った食生活を、糖質制限全般に置き換えた乱暴な意見のように思えます。

ライザップスタイルのダイエットでは、目安となる摂取タンパク質の量も決まっており、分からなければ質問する事も出来ます。

 

体臭がキツくなる?

ならなかったです

この根拠となるのは、ケトン体には独特の匂いがあり、ケトン体質を目的とする糖質制限ダイエットを行うと体臭がキツくなるんじゃないの?という事です。

私の場合、本当にそんな事なるの?と思えるほど何もありませんでした。

しかし、偏った食事や運動を全くしない間違った糖質制限ダイエットを行うと可能性はあるようです。

ライザップのダイエットでは、トレーニングもプログラムに含まれているので体臭がキツくなるダイエットとは無縁と言えますね。

また、肉食ばかりの食事を続けると腸内で脂肪が酸化する事で匂いの原因となります。

肉ばかり食べる・運動を全くしない=体臭がキツくなる

 

骨粗鬆症になる?

糖質制限が原因とは考えにくい

糖質制限をすると骨密度が低下するという記事は私も何度か拝見したことがあります。

しかし、その全てに共通して言える事は、根拠となる説明が一切ない事。

骨粗鬆症の原因はカルシウム不足。

糖質を抑える事で、骨密度が低下する・カルシウムが失われる根拠や正当性のあるデータはありません。

逆に、糖質の過剰摂取を続けている状態の方が、血管にダメージを与える・血糖値を急激に上昇させインスリンを放出、その結果として骨密度の低下を招く可能性が高いと思われます。

但し、カルシウムの排出を促すリンを過剰に摂取すると骨密度の低下を促す可能性も考えられるので、ハムやベーコンなどの加工食品は、なるべく避けたほうが良いでしょう。

 

力が出なくなる・イライラする?

一切ありませんでした

人が活動する為のエネルギー・頭を回転させるエネルギーはブドウ糖からのみ作られる。

確かに、糖質が不足するとブドウ糖が足りなくなり、力が出なくなるという風に昔は考えられいました。

ダイエットに関しても考え方は時代と共に塗り替えられ、20年前は常識だった事が、現在の非常識というケースも多くあります。

人はエネルギー不足でも活動できるように3段階のエネルギー回路を備えています。

ケトン体

解糖系 糖質からブドウ糖を作りエネルギーに変える
糖新生 タンパク質を分解してエネルギーに変える
ケトン体 中性脂肪(脂肪酸)を分解してエネルギーに変える

その為、正しいダイエットを続けていれば、糖質を制限したせいでエネルギー不足にはならないのです。

しかし、偏った食事(野菜しか食べない等)を続けると、単純にカロリー不足で力が入らない事は十分に考えられます。

また、糖質を我慢するわけですから、苛立ちは出てしまう事もあります。

しかし、一定期間の糖質制限を続けていくと、不思議と糖質が無い食事でも満足できるようになってきます。

糖質には依存性があるので、最初の1週間程度は多少の我慢は必要になりますが、糖質量が少なくても満足感を得られる食品を活用する事で乗り越える事が出来るはずです!

糖質依存
脳は糖が大好物!その為、糖質が摂取されると脳はドーパミンと呼ばれる快楽物質を作り出します。これが強くなりすぎている状態が糖質依存と呼ばれているのです。

糖質依存から脱却する食生活を身に付ける事がダイエットにおいて重要となります。

 

糖質制限はリバウンドする?

むしろ、リバウンドしにくいダイエット

糖質制限はリバウンドすると言う人の理屈は、糖質制限をすると肝臓に蓄えられるグリコーゲンと、それを支える為の水分が失われるので体重は落ちるけど痩せた訳では無い。

糖質制限をやめた途端に、それらは戻って結果的にリバウンドするという理屈です。

たしかに1ヵ月程度、糖質制限を続けて体脂肪が全く減っていない状態で3kg痩せたと喜んでいる人がダイエットを辞めたらそうなるでしょう。

しかし、その場合は、そもそもダイエットが成功していないにも関わらず勘違いしている人の話です。

糖質制限ダイエットの本質は、体脂肪を減らす事と同時に、肥満の原因となった糖質依存の食生活を改善させる事にあります。

私は4ヵ月間のライザップスタイルダイエットに挑戦し、体重が14.7kg、体脂肪率は12.9%を落とす事が出来ました。

3ヵ月目以降からは、段階的に糖質を摂取するように心がけ、リバウンドは一切していません。

期間 体重 体脂肪率
ダイエット前 67.3kg 29.7%
30日目 62.8kg 27.4%
60日目 59.0kg 23.4%
90日目 54.8kg 19.6%
ダイエット終了(121日目) 52.6kg 16.8%
ダイエット終了から半年経過 51.9kg 16.2%

リバウンドしてしまう最大の原因は、痩せた方法でありません。

痩せた後に太らない為の行動を移せるか否かです!

ライザップスタイルのダイエットを実践した経験は、太らない為の食生活を始めるキッカケになり、体質だけではなく意識そのものを変える事が出来たのです。

糖質制限の危険性の例外

糖質制限の危険性

基本的には糖質制限に危険性はありません。

しかし、以下の方は医師との相談、指導を受けて下さい。

  • 妊娠中の方
  • 病気で薬を飲んでいる方
  • 糖尿病で経口血糖降下剤を服用・インスリン注射をしている方
  • 活動性膵炎・肝硬変の方
  • 血液検査で血中クレアチニン値が高く、腎障害のある方

ライザップスタイルに危険性は無い!

糖質制限を正しく行うには、注意するべきポイントがいくつかあります。

それさえ理解できれば、安全に楽しみながら痩せる事は十分に可能!

  • 飽和脂肪酸の過剰摂取(バター・牛脂など)
  • タンパク質の過剰摂取(プリン体・動物性脂肪)
  • 塩分過剰摂取(高血圧になることも)
  • 食物繊維不足にも注意

ライザップは怪しいダイエットでは無く、痩せる為に理論的で正しいダイエットをサポートする事を目的としています。

トレーニング

週4回15分からのトレーニング

糖質制限ダイエットに関する悪い噂は、間違った糖質制限の方法やダイエット全般に言える事を強調して悪い印象を与えようとしている風にも感じられました。

自己流の糖質制限で、肉や植物性のタンパク質ばかり食べる・野菜しか食べない等の偏った食事を続ければ危険なのは当たり前です!

ライザップドリンク

自宅で本格的なRIZAP式ダイエットを実践出来る「ライザップスタイル」では、付属の動画で痩せるメカニズムを理解し、明確な目標に向かって食事と運動の記録を付け、自分だけの痩せる為の答えを見つける作業です。

専門スタッフのアドバイスを貰いながら安全にダイエットに臨める!

そして、万が一に体質に合わなかった・想像していたのと違った・結果が出せなかった事になったとしても、理由にかかわらず30日間の全額返金保証を利用する事が出来ます。

ライザップスタイルを始める事は、健康的な食生活に戻せるキッカケになります。

当サイトでは、他にもライザップスタイルに関する記事を中心とし、糖質制限やダイエットの役立つ情報を多数掲載しておりますので、参考にしてみてください。