ダイエット実はツライのは最初の一週間だけ!自宅ライザップの感想

痩せられない人なんていない!

私は、4ヵ月間のライザップスタイルのダイエットを実施した結果🔥

体重は67.3kg52.6kg

体脂肪率は29.7%→16.8%

14.7kgもの減量に成功しました!

  • ダイエットを続けるのは絶対辛かったはず!
  • 相当に我慢強い人だから出来ただけでは?
  • 食べたい衝動を抑えられない人には無理じゃない?
  • 痩せられる人は自分とは違う、忍耐力がある人が痩せられるだけ・・

 

などと、

実践する前から言い訳を作って諦めてはいけません!

ダイエットでツライのは最初の1週間だけ

ダイエット辛い

121日間のダイエット中で辛いと感じたのは最初の一週間だけです。

  • いままで食べていた物を食べてはイケナイ!
  • 間食なんて論外!
  • どのくらいの量までなら食べて良いのか分からない!

我慢や不安が襲い掛かります

でも、一週間を過ぎると不思議と辛くなくなったんです。

1つは、小食な生活で胃が小さくなった事、そして・・

ダイエットと脳

ダイエット脳

ダイエットは食欲を抑える意志の強さ(精神論)が重要だと思っている人が多いですが、実は脳の仕組みと大きな関わり合いがあります。

脳のエネルギーとなるのはブドウ糖。

つまり糖質が大好物!

糖質内報酬系という快感神経を刺激してドーパミンを促す性質があります。

ドーパミンの快感依存性は高いので、糖質依存に陥りやすくなります。

糖質を摂る→快楽物質ドーパミンが分泌→糖質不足→

その悪循環を避ける為には、血糖値のコントロールが鍵となります。

血糖値の上昇を緩やかにし、糖質量の摂り過ぎに注意する!

すると、脳は少しの糖質でも満足できるようになってくるのです。

太りやすい脳からの脱却は、ダイエット後の生活にも大きな変化をもたらします。

つまり、精神論では無く人体のメカニズムを理解する事が無理なく痩せる為に重要な事なのです✨。

分からないがダイエットを辛さを加速させる

ダイエットを自己流で行うと、本当に辛い道のりになる場合があります。

「お腹が減って死にそう~」

でも、何をどのくらい食べて良いのか分からない・・

「ここで少しでも食べてしまう、私の意志の弱さがダイエットを失敗させるんだ!!」

そう思うと、極端な方法を選択してしまうのが人間です。

何故、ダイエットが辛いのか?それは、ルールが定まっていないから。

やせる為に一番良いのは食べない事!

この考えではダイエットの成功は難しいと言えます。

食べながら健康的に体脂肪を落とす!

ライザップスタイルはダイエットに向いていない人にこそ実践可能なダイエットプログラムです。

自宅ライザップのルール

  • 1日3食をしっかり食べる(腹八分目でも満足出来る工夫をする)
  • 糖質量は1日50g以下に抑える(1食10~20g)
  • 毎日、脂肪燃焼系のサプリメントを飲む
  • 週4回のライザップDVDでの筋トレ

ルールの範囲内なら、間食もOK

となると、糖質量の少ない物や低糖質スイーツを選べば無理の無いダイエットも可能!

ダイエット 甘い物

糖質制限しながらでも、楽しくダイエットをしようと、食べられる物を探したりするのが本当に楽しかったです。

しかも、体重&体脂肪率はどんどん減っていくので、モチベーションは下がらない!

無理をしてないのに結果が出ている!

この方法ならいくらでも体重は落とせるな~と感じました。

まとめ

体重計に乗る女性

ライザップスタイルを使ったダイエットで辛いのは最初の一週間!

あとは、いかに習慣化できるかが課題になってくるだけなので、食べないダイエットに向いていない人にこそ最適なダイエットです。

リバウンドしない為の食事・基礎代謝・心構えも身に着ける事が出来るので、ダイエット後も安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です